<改正>胸部エックス線検査等の対象者の見直しに関する改正 of 健康診断のポイント

健康診断をもっと理解するためのサイト「健康診断のポイント」

HOME > <改正>胸部エックス線検査等の対象者の見直しに関する改正

<改正>胸部エックス線検査等の対象者の見直しに関する改正

 平成22年4月1日から労働安全衛生法に基づく定期健康診断における胸部エックス線検査等に関する規定が改正されます。

 胸部エックス線検査については、従来、原則すべての方に実施が義務付けられていましたが、次のように見直されました。

●40歳以上の方
 全員に実施

●40歳未満の方
 次の1.から3.以外の方で、医師が必要でないと認めるときは、省略することができます。

  1. 5歳ごとの節目年齢(20歳、25歳、30歳、35歳)の方
  2. 感染症法で結核にかかわる定期の健康診断の対象とされている施設等で働かれている方
  3. じん肺法で3年に1回のじん肺健康診断の対象とされている方

改正の内容

1.定期健康診断の項目に関する省略基準の改正

(労働安全衛生規則第44条第2項の規定に基づき厚生労働大臣が定める基準)

① 胸部エックス線検査の省略基準を新設

 40歳未満の労働者で、次の1)~3)のいずれにも該当しない方については、医師が必要でないと認める注)ときは、胸部エックス線検査を省略することができます。

  • 1)20歳、25歳、30歳及び35歳の労働者
  • 2)感染症法で結核に係る定期の健康診断の対象とされている施設等の労働者※1
  • 3)じん肺法で3年に1回のじん肺健康診断の対象とされている労働者※2

※1 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行令第12条第1項第1号に掲げる者(具体的には、学校(専修学校及び各種学校を含み、幼稚園を除く。)、病院、診療所、助産所、介護老人保健施設又は特定の社会福祉施設において業務に従事する者)

※2 じん肺法(昭和35年法律第30号)第8条第1項第1号又は第3号に掲げる者(具体的には、常時粉じん作業に従事する労働者で、じん肺管理区分が管理1のもの又は常時粉じん作業に従事させたことのある労働者で、現に粉じん作業以外の作業に常時従事しているもののうち、じん肺管理区分が管理2である労働者)

(注)「医師が必要でないと認める」とは、胸部エックス線検査にあっては、呼吸器疾患等に係る自覚症状及び他覚症状、既往歴等を勘案し、医師が総合的に判断することをいいます。したがって、胸部エックス線検査の省略については、年齢等により機械的に決定されるものではないことに留意してください。

② 喀痰(かくたん)検査の省略基準を改正

 従来の省略基準※3に加え、上記①の胸部エックス線検査の省略基準を追加しました。
 また、喀痰(かくたん)検査の趣旨・目的※4を踏まえ、胸部エックス線検査を省略された方は、喀痰(かくたん)検査も省略されることとなります。

※3 胸部エックス線検査によって病変の発見されない者又は胸部エックス線検査によって結核発病のおそれがないと診断された者

※4 肺結核の確定診断のために、結核菌が検出されるか否かを確認

2.定期健康診断の特例の廃止(旧労働安全衛生規則第44条第2項)

 満17歳又は満18歳の労働者で、前年度等の雇入時の健康診断等で結核に関して要観察者とされなかった場合、胸部エックス線検査及び喀痰(かくたん)検査を行わないこととされていた規定は廃止されました。(40歳未満の労働者については、個々に、上記1により胸部エックス線検査等の実施を判断することとなります。)

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

販売用バナー.png販売用バナー.png


無料メルマガ発行中

あなたの会社に役立つ情報を毎月1回お届けする「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録はこちらから
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

「健康診断のポイント」のメニュー